本文へスキップ

運送業、建設業、介護事業なら大阪の会計士 福田和博税理士事務所

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6966-1634

〒540-0012 大阪市中央区谷町1-4-2大阪オルガンビル5F

関与方針policy&FAQ

決算申告に至る過程を甘く見ていませんか?

方針イメージ

答えは一つではありません

現実の社会では一つの問題に対して様々な答えが存在します。一つの問題に対して会社は様々な対応を行い、その対応に応じた結果を得ています。

税務・会計の世界も状況は同じです。

来年の売上の状況、設備投資の予定等々、会社の対応に応じて税務上のポジション、会計上のポジションも変化していきます。

お客様と面談することが全ての基本

税務上・会計上のポジションをお客様と税理士が共通の理解を得る。このポジションに対して最適解を提案し、選択するという過程ではお客様との面談は必要条件となります。

「様々なことを言われても」と頼りなく感じられる方もいらっしゃると思います。
「答えを一つバシッと言ってほしい」と思われるかもしれません。

確かに選択肢は一つしかないということも多々存在します。
しかし、常に答えが一つということはあり得ません。

ただ時間が経過する毎に選択肢は急激に減少していきます。
気がつけば選択肢は一つということになります。

その時は答えは一つです。

面談重視−開業当初から変わらない関与方針

方針イメージ

実際にお会いしてお話を聞かないと分かりません

電話やメールでの情報交換では限界があります。
実際に目を合わせて話してみて初めて話しの意図が分かることが多々あります。

面談とは言え、実際には帳面を拝見し、お話を伺うだけのことです。
常に何かを提案するということでもありません。
しかし、その過程で様々なことが検出されます。
それは社長との会話に含まれる微妙なニュアンスであったり様々です。
この作業は経験を積んだ税理士や公認会計士にしかできません。

決算を一年に一回やってみて、 結果的に損したとか得したとかが分かる程度では困ります。
会社の状態を年に一回の決算だけで診断するよりは、定期的に診断するほうが打つ手が多いのは明らかです。
また税務上の有利判断には、届け出の期限等の時間的な制約があります。
税務上の有利判断については決算のみのお付き合いでは対応は不可能です。
結果的にお客様に多大な不利益を生じさせてしまいます。

税務上・会計上のポジションについて、お客様と共通の理解を得る。
これに対して最適な行動をお客様と模索する。

当事務所が面談を重視する理由です。

関与開始までの流れについて

  1. 初回面談申し込み

    電話・お問い合わせフォーム等でお問い合わせください。面談日程の調整を行います。
  2. 初回面談

    現状、記帳代行の有無、面談頻度のご希望などをお伺いします。
  3. お見積もり

    月間顧問料、決算料等のお見積もりをいたします。
  4. 契約の締結

    お見積もりがよろしければ、契約書を作成します。 初回面談の段階で関与開始を依頼されるお客様も比較的多くいらっしゃいます。
  5. 関与開始

    計画にしたがった関与が開始されます。

FAQ よくあるお問い合わせ

決算だけお願いすることはできますか?

決算作業のみのご依頼はお受けしておりません。


会計ソフトを自社で入力したいのですが?

自社で会計ソフトを入力されることを業界用語で自計化といいます。
当事務所はお客様の自計化を積極的に推進しています。
自社での会計ソフト入力を前提としたご依頼はお気軽にお問い合わせください。


FUKUDA CPA OFFICE福田和博税理士事務所

福田公認会計士事務所
福田和博税理士事務所

〒540-0012
大阪市中央区谷町1-4-2
大阪オルガンビル5F
TEL.06-6966-1634
    
地下鉄・京阪『天満橋』駅から
徒歩5分以内