本文へスキップ

運送業、建設業、介護事業なら大阪の会計士 福田和博税理士事務所

TEL. 06-6966-1634

大阪市中央区谷町1-4-2大阪オルガンビル5F

業務の流れについてworkflow

税務顧問の業務の流れ

月次作業

(お客様)月次資料の作成
        (現金出納帳・領収書等のご準備)
        ↓
(お客様)会計ソフト入力
      (事務所にて入力代行お受けできます)
(事務所)会計ソフト入力支援
        ↓
(事務所)月次入力結果の検証
        ↓
(事務所)月次試算表の作成
会計ソフト入力指導契約なら記帳代行料金が節約できます。

  月次作業のイメージ

当事務所の最も重要な業務がこの月次業務です。

実際に御社にお伺いするか、事務所でのご面談となります。

この段階で様々な問題、手続等が処理されていきます


決算前作業

(事務所)決算予測
        ↓
(事務所)税負担予測
        ↓
(事務所)各種届出書の提出判断
決算前作業のイメージ

決算日を迎える前に損益予測に基づく税額予測を行います。

申告書提出直前の突然の多額の税額報告を回避します。

節税対策の検討も行います。


決算〜申告書提出

(事務所)決算資料の収集
       ↓
(事務所)決算書作成
       ↓
(事務所)申告書作成
       ↓
(お客様)決算書の承認
       ↓
(お客様)申告書の提出
 
(事務所にて郵送・電子申告等による代行有)


決算作業のイメージ

決算書は会社のものです。

御社の承認があって初めて税務署等へ提出されます。

税額等の報告が月末ぎりぎりということはありません。

これら訪問・面談から決算書作成までの全ての業務を
経験豊富な税理士・公認会計士がご担当いたします。


年末調整の流れ(会社により差異があります。)

会社での資料収集

顧問契約されているお客様へのサービスです。
給与計算がすんでいる前提です。
すべての社員の扶養控除申告書、生命保険の控除証明等を収集していただきます。
最終の給与が確定した段階で収集された資料を事務所までお送りいただきます。

     

事務所での作業

お預かりした資料をもとに年末調整システムに入力し、過不足額を算定します。
マイナンバーについても専用システムで管理されているので安心です。
なおマイナンバーについては当事務所では紙ベースの保管はしていません。

納付書、源泉徴収票等

納期の特例の方には源泉税の納付書を清書してお渡しします。
毎月納付の方には納付書の記載方法等について連絡差し上げます。
また従業員ごとに源泉徴収票、過不足報告書等を発行します。
お預かりした扶養控除申告書等は源泉徴収簿等の会社保管書類を整理したうえで返却します。

法定調書等の報告

毎年1月31日までに税務署には法定調書、市町村には給与支払報告書の提出が必要です。
年末調整の最終段階の作業です。
原則的には税務署にはe−tax、市町村にはel−taxのシステムで提出します。

ここまでの作業は年末調整の料金に含まれます。



バナースペース

福田和博税理士事務所

〒540-0012
大阪市中央区谷町1-4-2
大阪オルガンビル5F

TEL 06-6966-1634

    

地下鉄・京阪『天満橋』駅から
徒歩5分以内