本文へスキップ

福田公認会計士事務所/福田和博税理士事務所−大阪市中央区

  電話 06−6966−1634

新たに開業される方へ|福田和博税理士事務所の考え方SERVICE&PRODUCTS

新たに開業される方へ

pic_f1081

初めてお店を開く、事業を始める

どのように会計事務所に接していけばいいのでしょうか


もしかしたら会計事務所に頼むほどのことでもない

自分でできるかもしれない


オーナーに時間的な余裕がある場合は、確かに自分でできる可能性があります

税務署の記帳指導などを利用すれば、会計ソフトの使い方などを教えてもらえるので、ある程度のレベルの申告ができます


会計事務所に依頼するタイミングは?


会計事務所に依頼するタイミングはどのあたりからなのでしょうか?

例えば、もともと存在していた事業を承継した等ある程度大きな事業規模が予想される場合

得意先の引継ぎによる多額の税額の発生が予想されること、従業員の引き継ぎ等による給与計算・ 源泉所得税の計算等があり、手続き的にはとても単純なものとは言えません。

こういった場合は会計事務所に依頼するべきでしょう。


また株式会社等の法人で開業した場合も普通は会計事務所に依頼する場合がほとんどとなります。


会計事務所に依頼するかどうかの判断のポイントは


以下、個人事業を前提に検討してみます。

なお法人については自力でやった場合リスクが大きいので検討しません。


判断ポイントは

  1. 申告をするための前提条件である利益の計算が自分できちんとできるかどうか
  2. 申告をするための資料を収集して申告の手続きができるかどうか
  3. 従業員を雇うようになった場合には源泉徴収や年末調整などの手続きを自分でできるかどうか

シンプルなビジネスの場合には利益の計算は比較的容易にできると思われます。

所得税の申告書も確定申告時期に相談会場で助けを借りながら作れるかと思います。


年末調整や源泉所得税の計算をするあたりからだんだん怪しくなってきます。

消費税の申告が必要になったあたりからリスクが急に高まっていくと思われます。


このあたりが見極めのポイントかもしれません。


福田会計事務所のサービス


pic_c0271

 時間的な余裕がない

 会計ソフトの操作するのが大変だ

などの場合、会計事務所に依頼するのも選択肢の1つでしょう。


福田事務所では状況をお聞きした上でお仕事を引き受けます。

開業された方の状況等をお聞きした上で、その人に最も適した関与の方法をコーディネートし提案します。

時間的に余裕がありそうな人にはご自身で会計ソフトに入力してもらい料金を極力抑えるような提案をします。

記帳代行を希望される場合には業種にとって最適な形での提案をします。


詳しくはお問い合わせください。

ナビゲーション