本文へスキップ

税理士・会計士の変更相談ー福田公認会計士事務所・福田和博税理士事務所

  電話 06−6966−1634

税理士変更をお考えの方SERVICE&PRODUCTS

税理士・会計士の変更相談はお気軽に

当事務所では半数近くのお客様が他の事務所からの移られた方です。
変更された理由は様々です。

下記の「長いお付き合いが続いている理由」の裏返しが変更理由のようです。
●ほとんど会ってもらえなかった
●相談に乗ってもらえなかった
●何の前触れもなく決算書を持ってきてハンコを押せと言われた
等々。

一度ご相談ください。
解決策を一緒にさがしましょう。

変更の引き受け実績

当事務所の変更引き受け実績は豊富です。
なかには非常に難しい変更の引継ぎもありました。
以下、代表的な引継ぎ例を記載します。

●年度の途中からの税務顧問の引き受け
●決算申告作業からの着手
●過去数年分の無申告状態を正常な状態へ戻す作業

料金的には従来の先生よりも高くなる場合もあります。

決算作業からの関与の場合、まとめて一年分の内容を検討することとなるため、通常の料金体系とは異なる見積もりをします。
終了後は通常の関与形態に戻ります。

長いお付き合いが続いている理由

○○○○○○○○イメージ

@ 税理士が定期的な面談を実施します。
無資格の担当者任せではない、プロ目線の関与です。
お客様の事業内容を税理士自らが把握します。
会計処理の妥当性も随時検討されます。

皆さん「こんなに税理士と話したことがない」とおっしゃいます。

A 関与当初は内容を詳細に検討
過去の決算書を拝見し、ミスが検出されることが多々あります。
当事務所での関与移行のお客様では少なくとも2件に1件程度の割合で検出されます。
最悪の場合、税務署にも協力願って解決する場合があります。

B 消費税の事前検討
消費税課税状況の検討は毎期実施します。
一度判定すれば終わりではありません。
選択の可能性が生じた場合には随時お客様と相談の上、実施されます。

C 納税予測による税金の事前準備
利益が出るケースでは税金の準備は必須となります。
当事務所では定期的な面談により、利益推移をみた納税予測を実施しています。
定期的な面談と準備により、脱税まがいの行為を防止します。

D 様々な専門家との連携
会社運営上、どうしても他の専門家の力が必要となることがあります。
当事務所では、信頼のおける弁護士、司法書士、社会保険労務士等を紹介しています。

E 日本政策金融公庫への紹介
当事務所で事業内容がある程度を把握できたお客様には必要に応じて紹介しています。

具体的な関与例

【製造業 株式会社C社様】
売上高2億、従業員数 10名
変更前 年間面談なし。記帳代行を依頼。 
顧問料月額30,000円、決算料200,000円

変更後 会社にて会計ソフト入力。
顧問料月額25,000円、決算料150,000円で関与。
定期的面談の過程で、過去の処理について問題点検出。

【小売業 株式会社D社様】
売上高3億、従業員数 30名
変更前 毎月面談あるものの、内容検討ほとんどなし。
会社にて会計ソフト入力。 
顧問料月額50,000円、決算料400,000円

変更後
顧問料月額30,000円、決算料200,000円で関与。

【サービス業 合同会社E社様】
税理士と新規に契約されたパターン
売上高2000万、従業員数 3名
見積時点でボリュームがかなり少ないことが判明。

顧問料月額20,000円、決算料100,000円で関与開始。

【サービス業 個人事業F社様】
売上高2億、従業員数 10名
変更前 年間面談1回程度。記帳代行を依頼。 
顧問料月額20,000円(記帳代行込)、決算料100,000円

変更後
顧問料月額20,000円、記帳代行月額10,000円、
決算料100,000円で関与開始。
できるだけ会計士の話が聞きたいとの要望で値上がりしたケース。

上記の通り、料金は状況により異なります。
また面談回数を多くしてほしい等の要望があったため、料金が増加したケースもあります。